秋元康氏 自身が考える引き際「自分に飽きると“求められているもの”との差ができる」

秋元氏は10代で放送作家としてデビュー以来、作詞家として「おニャン子クラブ」の楽曲や美空ひばりの「川の流れのように」、そして、2006年からAKB48 … …【広告】AKB48カバーダンス教室

返信を残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA